白内障について

  • HOME
  • 白内障について

このような症状ありませんか?

  • 視界がかすむ、ぼやけている
  • 人や物が二重三重になって見える
  • 光がまぶしく感じる
  • 明るいときと暗いときに見え方が異なる
  • 視力が悪くなったように感じる

白内障とは

目のレンズに相当する「水晶体」という組織が、白く濁ってくる病気です。外部からの光を通しにくくなりますので、視力や見え具合に影響してきます。視野のかすみ、ぼやけ、全体的なまぶしさのほか、光の乱反射によってピントが合いづらくなることがあります。

白内障の種類と原因

白内障はさまざまな原因によって引き起こされますが、最も一般的なのは加齢です。したがいまして、高齢者の方ほど、発症リスクは高まります。ただし、アトピー性皮膚炎や糖尿病との合併症も考えられ、若年層にも見受けられる病気です。

種類原因
先天性白内障 遺伝、妊娠中の母親の病気
老人性白内障 加齢
併発性白内障 ぶどう膜炎、網膜色素変性、緑内障、網膜剥離など
糖尿病性白内障 糖尿病
皮膚病性白内障 アトピー性皮膚炎
外傷性白内障 目をぶつける、かく、こする
その他 放射線や紫外線、ステロイドなどの薬物

また、白内障は病気の原因の他に、水晶体の濁る部分によって分類されます。

分類濁る箇所
核白内障 水晶体の中心が濁る
皮質白内障 水晶体の周りが濁る
前嚢白内障 水晶体の前側が濁る
後嚢白内障 水晶体の後ろ側が濁る

白内障の種類と原因

1生活に支障が出ていない初期の場合(薬物療法)

水晶体の白濁度合いが軽度であれば、点眼治療や内服薬によって、白内障の進行を遅らせていきます。ただし、水晶体を透明に戻したり視力を回復したりするのではなく、濁りのスピードを遅らせることが目的です。

2生活に支障が出てきた場合(手術療法)

日帰りか入院による外科手術が必要です。水晶体の濁った部分を超音波で粉砕し、吸引して取り出した後、人工の眼内レンズを挿入します。人工レンズは白濁しにくいため、再度取り換える必要はありません。

院長からのメッセージ

白内障は高齢者にかかわらず、誰にでも起こり得る病気であり、40歳を過ぎたころから少しずつ進行していきます。白内障という名称や冒頭に挙げた自覚症状に限らず、「何だかおかしいな」と感じたら、専門医の診察を受けてください。また、目から体の疾患が発見できる場合もあります。

お気軽にご相談ください 目のことでお悩みでしたらまずはお問い合わせ下さい 藤沢市 長後駅より 徒歩3分 バリアフリー対応 診療時間 9:00~12:30 14:30~18:00 休診日 土曜午後・木曜・日曜・祝日
お気軽にご相談ください 目のことでお悩みでしたらまずはお問い合わせ下さい 藤沢市 長後駅より 徒歩3分 バリアフリー対応 診療時間 9:00~12:30 14:30~18:00 休診日 土曜午後・木曜・日曜・祝日
  • お電話でのお問い合わせ 0466-44-8833
    bottom_tel_sp.jpg
  • 24時間受付 メールでのお問い合わせ ご予約・ご相談はこちら
    24時間受付 メールでのお問い合わせ ご予約・ご相談はこちら